日程表・プログラム

 

立春も過ぎ、日ごと春めいて参りました。皆様におかれましては、日々COVID-19対応と一般救急診療に忙殺されておられることと推察致します。そのような状況ではありますが、第121回近畿救急医学研究会(日本救急医学会 近畿地方会)の開催まで余すところ一月余となって参りました。

SARS-CoV-2感染症蔓延による2回目の緊急事態宣言が発せられる中、会員皆様方の御協力のおかげで一般演題にも36題という多数の応募をいただきました。また、指定講演についても、基調講演1題、特別講演1題、教育講演3題、看護部会教育講演1題に加え、合同シンポジウム、COVID-19に関する緊急企画、メディカルスタッフ部会シンポジウムを企画しております。

更に、昼食は提供できなくなりましたが、6つのランチョンセミナーが開催されることとなっています。

これらはすべて会期当日ライブ配信されるとともに、指定講演ならびに一部のランチョンセミナーでの講演は研究会終了後約一ヶ月間にわたりアーカイブ(オンデマンド)配信による視聴を予定しております。

SARS-CoV-2感染症への対応は勿論のこと、一般救急診療に関するホットな情報・知識が得られるプログラム構成となっております。是非とも多くの方々の事前参加登録をお願い致します。